むーblog

料理と写真

ドローンが欲しくてたまらない

f:id:anh_muu:20170719140006j:plain

ドローンが欲しいんです。年始にモルディブへ旅行に行った時、カメラ一式を買い換えちゃったので、とてもじゃないけど買えませんでした。それから、ずーとずーとドローンが気になる日々。

 

前回の旅は、心残りでした。美しい海や、上空から島の様子が撮影できたら、さぞ思い出に残るのではないか、と。

海辺で楽しく遊ぶ家族を真上からのアングルで、オシャレで素敵な動画が撮影できるのではないか、と。

 

今月末に南国の島へ行く予定もあり、ドローン熱が再発してきました。そんなこんなで買えそうなモデルって、どんな感じか調べてみた。

 

日本で素人が気軽に飛ばせるのは200g以下

重要ですね。日本はあの事件以来、国土交通省が厳しく規制をしています。それ以外にも各都道府県でルールがあるので、要するに飛ばす場所がほぼ河原とかしかないです。200g以下の軽いドローンならOKなのですが、作りが見るからにオモチャなので全く物欲を刺激してきません。

 

チャイナドローン

勝手なイメージですがドローン的な玩具って完全にアメリカ人の得意分野と思い込んでいました。調べてみると中国シンセンのDJIが1強状態で何とも意外な結果。DJIは中華メーカーとはいえ、HPもAppleを思わせるオシャレなデザインで、これが時代か、という気持ちになります。

 

Mavic Pro(マビック プロ)がカッコイイ

そのDJIから発売されているMavic Pro。このドローンを知ったのはPeak Designのwebサイトで、Peak Designにドはまりしていることもあってか、カッコよく見えてしかたがありません。絶景を前にサッとドローンを取り出す動画に心を打たれ、Mavic ProならEveryday Messengerにピッタリではないか!と、まんまと思惑にハマってしまいました。しかも脚の部分が折り畳めて手軽に持ち出せる大きさなので、ドローンもここまで来たかぁ、と感動するほどです。カメラ部分は3軸ジンバル搭載で全くブレのない映像が撮影できるので、実際にジンバルのヌルヌルが効いたレビュー動画などを見るとますます欲しくなります。

 

 

Spark(スパーク)がカワイイ

 同じくDJIから新発売のSparkは小型タイプ。 コントローラーを使わず手で操作する機能が注目されていますが、個人的に気に入っているのが本体の大きさ。Mavic Proも小型ですが、虫っぽい機械的なデザインなので近くを飛んでたら、やっぱり違和感がある気がします。その点、Sparkは被写体や周辺の人達に圧迫感を与えないで撮影できそうなので気軽に扱えそうです。ただ、小型なのですがコントローラーもセットになったコンボを購入するとMavic Proと変わらない値段になってしまうので、ほんと悩む。

 

ドローンの費用対効果 

最後にあんまり考えたくない事ですが、ドローンを何回飛ばせば1回いくらなのか。と、いう問題です。年間何回撮影できるか考え始めたら出番の割に高い機材ですね。

 

 

 

値段も大きさも手頃になってきたし、日本に帰ったら飛ばせなくなるから今のうちに欲しいけど、決められないな。