むーぶろぐ

料理と写真

【大脱走】うな丼作るつもりで買ったベトナム鰻の CA CHINH が逃げる

01

7月の土用の丑の日ベトナムの CA CHINH でうな丼をを作りました、って話を母にしたら「私も食べたいんだけど」と。え?またやるの?

 言うは易く行うは難しという言葉がありますがベトナム鰻のCA CHINHを捌くのは本当に大変でまさにサバイバル。

 

サバイバル状態で CA CHINH を捌いた話はこちら☟ 

 

02と、なんだかんだ言いながら、またまたベトナム鰻を買います。例によって大きい個体を勧められました。大きいと捌きづらいんだよなー。

 

04

写真を撮っていたら鰻の顔をこっちに向けてくれました。ベトナム人の店員さんもちょっと悪ふざけ。

 

03

結局前回と同じ 1.4 kg でした。悪夢が蘇ります。1.4kgって、絶対ウナギの重さじゃないので、もっと小さいのを在庫してほしい。

 

貝も買ってみた

05

 今回はハマグリ風の貝も買いました。ゲンコツぐらいのデカい貝で、食べ方が分からないので蛤だと思い込んで調理することにします。

今回の買い物でVIPカードを手に入れたので次回からお会計が10パーセントoff になるそうです。この店は変な魚介がたくさん売っていて楽しいのでまた来ようかな。いや、来ない方が身のためか。

 

06

 ハマグリ風の貝は白ワインで酒蒸しにしています。これだけ大きいと貝が開く瞬間もダイナミックで、パカッ!ってなったときに当たったら痛そうなぐらいスゴイ勢い。

 

メイン登場

07

 何かおかしいですね。なぜか2匹買ってしまった。

 一度経験したせいなのか、今回は1.4kgがなぜか小さく見えたので、2匹買っといた方がいいんじゃないか?と謎の思考が働きました。結果としてこれが悪夢の始まりとなりました。自分の中にオゴリがあったのでしょうか。

 

08

 いやーーーーーー  脱走するーーーーー

 写真では分かりづらいですが脱走の瞬間です。焦って写真どころではありませんでした。たらいに2匹放り込んだせいで、1匹を踏み台にして飛び越えてしまったのです。たらいを抜け出し、ヌルヌルとキッチンの床を脱走する姿は、まるでアナコンダ。ホラー映画さながらの惨劇でした。

 冷蔵庫の下に逃げ込む前になんとか素手で取り押さえました。床がヌルヌルで臭くなってしまったので、ヨスさんの説教確定です。

 

捕まえて懲らしめた

09

散々な目にあいましたのでお仕置きです。氷漬けの刑に処したのですが、ここでも氷に乗っかって脱走を試みようとしてきます。

 10-1

 これで手も足も出まい

結局ここまでやらないとダメでした。たらいに入れてインスタ映えを狙って遊んでいたのが失敗のもとでした。次回は気を付けます。

 

捌く前に熱湯

前回はブツ切りにしてから開き、最後に熱湯でヌメリをとりましたが、あれは正直失敗でした。ベトナム鰻の生命力は想像をはるかに超えるしぶとさだったので、反省を生かして動きを止めてから捌くことにします。氷で1時間以上眠らせてから、先に熱湯をかけてヌメリをとればさすがに動けないだろう、と。

 11

 何とか捌いた。この状態でもピクピクしています。

 三枚におろし終わりました。通常ウナギは背開きか腹開きにするのですが、三枚におろしてもデカいです。さらに半分にして五枚におろしても良かったかも。

 

12-2

肝も綺麗に取れました。料理の写真を撮り忘れて残念ですが、焼いた後にタレに絡めて、酒のアテに最高でした。

 

 完成

14

うな丼の完成です。つ、疲れた、感無量。

 

13-2

ハマグリ風の蛤もイイ感じの酒蒸しになりました。酒蒸しは汁がうまい。

 

16

 見てください、この肉厚で美味しそうなウナギ風の何かを。CA CHINHはウナギより身はふっくらで脂がたっぷりなので本物の鰻より美味しいくらいです。身がとっても厚いので、このうな丼で通常の3~4倍ぐらいの身が入ってる感じです。日本の鰻じゃこんなにお腹一杯食べられないですよね。

 

 

鰻が食べたくなった方はこちらをどうぞ☟ 

 うまそ~2尾で送料無料らしい

 

贈り物に鰻

最近、ちょっとしたお礼をする時とかに鰻を送るようにしてます。「お!鰻か!」って感じになるみたいで、お菓子なんかより断然喜んでもらえて意外と重宝してます。

 

 

  【広告】日本一高級な納豆とは