むーぶろぐ

料理と写真

【悩み】子供の日常を4Kで残す動画を撮るカメラが決まらなくて困る

02

α7M2をメインのカメラとしてリビングで常にスタンバイさせて、動画を撮る時だけ外付けマイクを装着して録画しています。ところがレンズはSEL2470GMで結構重いし、マイクの脱着もそこそこ面倒なので、動画専用機が欲しいな、と最近思い始めています。

色々と候補があって、頭の中で考えていると混乱してくるのでブログに書きだして整理しておこうかな、と思って書いてます。

α7M2はスチルの性能は申し分なく、撮影者の技量以上のスペックなので全く不満がありませんが、動画はHDだけで4Kが撮れないのでちょっと残念。動画機を導入するならもちろん4Kで綺麗に撮りたいものです。

 

4K60P いつだよ問題

4Kは皆さんご存知、横幅がだいたい4,000ピクセルの動画の解像度。同じ4Kでも1秒間に30フレームのパラパラ漫画4K30Pと、滑らか60フレームの4K60Pがあって、やっぱ4K60Pがいい。豆粒センサーとはいえ最近ではiPhoneまで4K60Pだし。

 

01

 

どうも発熱の問題で大型センサーを4K60Pに対応するのは技術的に難しいらしく、現状民生機で達成できているのはパナソニック GH-5とキャノン iVIS GX10だけ。

GH-5は手振れ補正がアレなので、三脚固定で自撮りのYou tuber専用だし、iVIS GX10 は画質の面であまり評価が良くなくて悩む。一方SONYはFDR-AX700が4K30P止まりで批判の嵐みたいで可哀そう。

 

とは言ってもSONYのマイクがある

10-2

 XLR-K2M を去年買ったので、積極的にこの外付けマイクを使いたい!ってのが第一条件です。このマイクの気に入っているところは、ホットシューから電源が自動供給なのでマイク用のスイッチを入れたり、別に電池を用意する必要がない事。あと、カメラに繋ぐケーブルも無くてスッキリするし、もちろん音質は申し分なし。

 ただ、この恩恵を受けられるのはsonyのカメラだけなので、やっぱりsonyのボディを探すしかないですかね。

 

 選定条件

 

● 4Kが撮れる

SONYのホットシュー mi が使える

● XLR-K2Mを取付けて自立できる(重量バランスが取れる)

● 小型軽量(できるだけ)

 

 動画は静止画と違って手持ちの場合、結構な時間を頑張らないといけないので、重量は重要。重すぎると手がプルプルしてきて水平が保てなかったり、集中力が切れてしまいます。

 

 ハンディカム

 

003

専用機は便利なのでしょうか。動画機フラッグシップのFDR-AX700が4K60Pに対応していれば、こんなに悩むこともなかったでしょう。写真はFDR-AX100ですが、マイクと付けるとこんな感じ。業務用っぽくて好みですが、やり過ぎ感もあります。コレ持ってる人いたら引くよね。

 

APS-Cミラーレス 

 

002

 以前使っていた NEX-6 が重量的にもバランスが良かったので動画用に評判の良いα6500も有力候補。レンズもE-マウントが使えるので、手持ちの標準ズームを使えば、レンズを買う必要もないし。(写真はα6000)

α6500の後継機が噂されているので、新型が出れば中古が安くなるかな?

 

 ネオ一眼

 

001

 運動会とか長女ミーの幼稚園行事用に望遠も欲しいと思っているので、望遠と動画機を兼ねてRX10M4。換算600mmの望遠とパワーズームで動画との相性がとっても良い機種です。ただし1インチセンサーなのに、まだまだ高価。またまた悩む。

 

今、使っているマイクはコレ☟ デカいけど超優秀

 

 色々とインターネットで情報を探してはいるのですが、動画ネタとなると極端に情報が少ないので困っています。スチルに比べて人口が少ないんですね。しばらく最適解が見つからずジプシー状態がこのまま続きそうです。

  

追記(2018年5月22日)

長らく悩んでいた動画機ついに買いました!!!!

 

 

 

  【広告】レンズを売って動画機買うか